何事にでも一生懸命!それが「がまだす」ブログです!
Release: 2019/05/28 Update: 2019/06/01

メイ首相辞任表明、次期首相はボリス・ジョンソン前外相か?

スポンサーリンク

メイ首相の辞任表明

英国のメイ首相は2019年5月24日に、2019年6月7日保守党の党首辞任を表明しました。
メイ首相は「新首相のもとでの離脱実現が、最も国益にとって良い」との意向のようです。

 
メイ首相の辞任表明で、次の与党党首が自動的に首相になるため、保守党はメイ首相の辞任後新党首を選任し、7月中には新首相が誕生の見込みのようですね。

 
このメイ首相の辞任証明を受け、すでに立候補した議員についてシェアしてみたいと思います。

 
 

ボリス・ジョンソン前外相など立候補者の顔ぶれ

ボリス・ジョンソン前外相

前ロンドン市長で、英国のEU離脱では中心的論客を務めたのですが、2016年の党首選には立候補しませんでした。
結局、テリーザ・メイ氏が保守党党首に選出され、英国で2人目の女性首相となり、ボリス・ジョンソン氏は外務・英連邦大臣に起用されたのでした。

 
その後、メイ首相のEU離脱協定に反発して外相を辞任し、メイ首相の政策に誰よりも反発していたようですね。

 
しかし、首相への願望は強いようで、立候補したようです。
ブックメーカーのオッズもトップのようですね。

 

 

マイケル・ゴーヴ環境相

マイケル・ゴーヴ氏は反EUで、ブレグジットを実現する必要があるというスタンスです。
前首相のキャメロン政権下では、教育大臣や司法大臣等を努め、キャメロン首相の側近でした。

 
2016年の保守党党首選に立候補するも、第2回投票で敗退しました。

 
環境相でもあり、党をまとめられる有力候補を見られているようです。

 

 

マット・ハンコック保健相

メイ首相の内閣では、文化相からボリス・ジョンソン氏の外相辞任に当たって環境相になりました。

 
2016年の国民投票ではEU残留に賛成しましたが、その後EU離脱に転向したようです。

 

 

ジェレミー・ハント外相

キャメロン内閣で文化・オリンピック・メディア・スポーツ担当閣内相を努め、メイ内閣では保健相から、ボリス・ジョンソン氏の外相辞任に伴い外相に就任。
マット・ハンコック氏と同様、もともとEU残留派でしたが現在はEU離脱派のようですね。

 

その他の立候補者

次の方たちが立候補しているようですね。

・アンドレア・レッドソム前下院院内総務
・エスター・マクヴェイ前雇用・年金相
・ドミニク・ラーブ前EU離脱相
・ローリー・スチュワート国際開発相
スポンサーリンク

まとめ

保守党党首は立候補者が3人以上の場合、保守党議員の投票で2人に絞られます。

 
ボリス・ジョンソン前外相のように保守党員に人気でも、保守党議員をまとめきれなかったら、最終選考に残れないということですね。

 
ブックメーカーのオッズでは、ボリス・ジョンソン前外相(11/10)、ドミニク・ラーブ前EU離脱相(5/1)、マイケル・ゴーヴ環境相(8/1)が有力と判断しているようです。

 
さて、今後の英国の運命は誰に託されるのでしょうか。
世界経済にも大きな影響を及ぼす可能せいもあり、私たちの生活にも関係するのでしょうか。

 
ぜひとも、良い方向に進んでもらいたいと思います。

 
 

HOME


関連コンテンツ


スポンサーリンク

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA