何事にでも一生懸命!それが「がまだす」ブログです!
Release: 2019/06/06 Update: 2019/06/20

2019NBAドラフト指名順が決定!日本人選手の八村塁は一巡目指名確実か。

NBAドラフト指名順抽選でペリカンズが一位指名権獲得!

この記事投稿から、1ヶ月程前の2019年5月15日にNBAドラフトに指名順の抽選が行われました。
NBAドラフトは完全ウェーバー制ではなく、ロッタリーによる抽選が行われます。

 
2019年6月21日(現地時間6月20日)に行われるNBAドラフト会議で、上位指名権を有するチームは将来のスター選手を指名でき、チーム躍進・運営に大きな成果を期待できるのです。

 
今年度、ドラフト全体1位指名権を獲得したのはニューオーリンズ・ペリカンズでした。

 

 

NBAドラフトの指名順抽選のロッタリー制度って?

NBA(National Basketball Association)は全30チームで、29チームがアメリカ合衆国、1チームがカナダを本拠地としています。
東西2つのカンファレンスに分かれ、さらにそれぞれ3つのディビジョン(各5チーム)に分かれて、10月から翌年4月までレギュラーシーズン82試合が行われるのです。

 
全30チームの内、各カンファレンスの上位8チーム(計16チーム)がプレーオフに進出します。そして、カンファレンスでの優勝のチーム同士で行われる決勝戦が「NBAファイナル」なのです。

 
NBAドラフトの指名順抽選は、前述のプレーオフに進出できなかった14チームに対して上位14位までの指名順位について実施されます。
15位から30位までの指名順位は勝率の悪い順位から決定します(ウェーバー制)

 
さて、1位〜14位まではロッタリーによる抽選が行われ決定します。
この抽選方法は、1〜14までの数字から4個を選びその組み合わせが抽選番号になります。

 
番号の組み合わせは、1001通りあり、このうち1000通りを各チームに振り分けます。ただし、均一に配るのでは無く、勝率の悪いチームから多くのくじをもらえるシステムなのです。
したがって、勝率の悪いチームが1位指名を引く確率が高くなるわけです。

 
この抽選会は、非常に面白いようでテレビ中継されるようです。

 

2019年5月15日のNBAドラフト指名順の抽選

 
2019年度のNBAドラフト指名順抽選で1位指名権を獲得したのニューオーリンズ・ペリカンズですが、1位指名権を引く確率は6%と、幸運を引き当てたとようですね。
 
 

2019年度のドラフト有望選手

2019年6月21日(現地時間6月20日)に行われるNBAドラフト会議で、上位指名されそうな有望選手についてピックアップしてみました。

 

ザイオン・ウィリアムソン/Zion Williamson

大学 ポジション 身長 体重
デューク大1年生 PF 201cm 129Kg

 
2018-2019主な成績

出場試合数 平均得点 平均リバウンド数 平均アシスト数 フィールドゴール成功率 スリーポイント成功率
33 22.6 8.9 2.1 68.0% 33.8%

 

 
 

ジャ・モラント/Ja Morant

大学 ポジション 身長 体重
マレー州立大2年生 PG 191cm 79Kg

 
2018-2019主な成績

出場試合数 平均得点 平均リバウンド数 平均アシスト数 フィールドゴール成功率 スリーポイント成功率
33 24.5 5.7 10.0 49.9% 36.3%

 

 

 

R.J. バレット/R. J. Barrett

大学 ポジション 身長 体重
デューク大1年生 SG 201cm 92Kg

 
2018-2019主な成績

出場試合数 平均得点 平均リバウンド数 平均アシスト数 フィールドゴール成功率 スリーポイント成功率
38 22.6 7.6 4.3 45.4% 30.8%

 

 
 

ジャレット・カルバー/Jarrett Culver

大学 ポジション 身長 体重
テキサステック大1年生 SG 201cm 88Kg

 
2018-2019主な成績

出場試合数 平均得点 平均リバウンド数 平均アシスト数 フィールドゴール成功率 スリーポイント成功率
38 18.5 6.4 3.7 46.1% 30.4%

 

 
 

ディアンドレ・ハンター/DeAndre Hunter

大学 ポジション 身長 体重
バージニア大2年生 SF 201cm 102Kg

 
2018-2019主な成績

出場試合数 平均得点 平均リバウンド数 平均アシスト数 フィールドゴール成功率 スリーポイント成功率
38 15.2 5.1 2.0 52.0% 43.8%

 

 
 
2019年NBAドラフトで注目したいのは、日本人の八村塁選手ですね。

 
明成高校(宮城県)時代に、ウィンターカップ3連覇やインターハイ優勝の中心選手として活躍したして、バスケットボール本場のアメリカ、ゴンザガ大学へと進学し中心選手として大活躍。
2019年のNBAドラフト会議では、1巡目の指名が確実との報道がされています。

 

八村塁/Rui Hachimura

大学 ポジション 身長 体重
ゴンザガ大3年生 SF/PF 204.5cm 108Kg

 
2018-2019主な成績

出場試合数 平均得点 平均リバウンド数 平均アシスト数 フィールドゴール成功率 スリーポイント成功率
37 19.7 6.5 1.5 59.1% 41.7%

 

まとめ

次の動画のように、NBAドラフトはアメリカでは非常に大きな関心事のようです。
日本のプロ野球ドラフト会議など比べものにならないような盛り上がりですね。

 

2018年NBAドラフト

 
私も英語が堪能でなくても、感動が伝わってきますね。

 
 

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA